タグ別アーカイブ: 撮影

山撮り写真教室(2018年5月12日)のご案内

yamadori2008_05

山撮り写真教室 第51回

山での感動、不思議、楽しい場面を切り撮る山撮り写真を体験しませんか?
撮影のフィールドは、都会の裏山でありながら原生林も残る自然豊かな摩耶山です。
風景、動植物、友達やパートナーのポートレートスナップなど、あなたが惹かれる撮りたいものを見つけてください。
一眼レフからケータイまでカメラは何でもOK、ユルく楽しく技術向上がモットーです。
カメラの使い方に慣れていない方には丁寧にお教えします。

4月は 「若葉のころ  – 初夏の穂高湖 -」

初夏の風薫る穂高湖、シェール槍へ。
山頂の星の駅スタートの奥摩耶写真ハイキングです。
太陽の光を透かして見る新緑や、湖面に映える森の緑を撮りに行きませんか。
シェール槍の頂上では、爽やかな風に吹かれながらパノラマビューを楽しめます
(注:シェール槍の登り下りはやや急で、段差が大きい箇所があります)。
カメラはコンデジ、スマホもOKです!
初心者の方には操作・撮影方法の初歩からお教えいたします。

ご案内させていただくカメラマンは、ヤスワンフォトスの岡本康司です。
皆様のご参加をお待ちしています。

開催日
5月12日(土)

集合時刻・場所
10:30 摩耶ロープウェー星の駅

終了時刻・場所
15:00 摩耶ロープウェー星の駅
終了時刻は多少前後にずれることがあります。

料金
2,000円

定員
10名

持ち物
カメラ(ケータイ、スマホ、コンパクト、ミラーレス一眼、一眼レフ等)
操作に不慣れな方は取扱説明書もご持参ください。
昼食(必須)、防寒具・雨具
歩きやすい靴でお越しください。

午前8時時点で10時以降の降水確率が60%以上の場合は、中止とします。
また、摩耶ビューライン運休の場合は中止といたします。
中止の場合、メールまたは電話でお知らせいたします。
ヤスワンフォトスのWEBサイト( https://yasuwan.com )、Facebookページでもお知らせします。

お申込み方法
件名「山撮り写真教室4月」とし、下記(1)~(2)項を本文にご記入のうえ、info@yasuwan.com 宛にメールでお申し込みください。
(1) 氏名
(2) 携帯電話番号

.comドメインからのメールが受信拒否の設定になっている場合、当方からの返信メールが届きませんので、受信許可に設定しておいてください。


新しい予約方法がご利用できるようになりました

メールでなく予約サイトからもお申込いただけます。
ご質問事項がお有りの場合は上記のメールをご利用ください。
下のバナー(予約する)をクリックしていただくと予約サイトのページが開きます。

クービック予約システムから予約する

hotakako_01

hotakako_02

metasequoia

yamatsutsuji


街撮り教室@左京区 開催しました 2018. 4. 1

街撮り教室’@’左京区

imadegawadori

春爛漫の京都、出町柳から北白川へ気になる風景を切り撮って歩きました。
桜は満開(一部では散り始め)、いい天気の1日でした。

18年前、住んでいる町と同じ町名の場所で撮ろうと思いつき、最初に訪れたのが左京区のこの辺りでした。
昔からの豆腐屋とか異人館風の喫茶店とか学生アパートとか銭湯とかがあるのが面白くて好きになり、以来たまにカメラをぶら下げてブラブラ歩きに訪れていたのですが、ここ10年ほどは遠ざかっていました。
このたび、街撮り教室に参加していただいている方にもぜひ歩いていただきたいと思い、街撮り教室@左京区を開催しました。

sosuidori_01

出町柳からし大学の街、百万遍に出て、カフェや書店が並ぶ今出川通を東へ。
右手にこんもりとした吉田山が現れる辺りでわき道にそれ、やや歩いて白川疎水通へ。
ランチタイムは、この疎水のたもとShizukuで(11年ぶりに訪れましたが、以前と変わっていなかった)。
その後、白川疎水通の桜を撮りつつ北へ。

sosuidori_02

御蔭通を少し歩いてまた疎水に戻り、途中、公開されていたヴォーリズ建築の駒井家住宅も見学・撮影(撮影した写真公開には許諾が必要とのこと)。
ヴォーリズの建築は、神戸・阪神間にも多く馴染み深いです。
春うららの桜を撮りながら、白川通へ出て歩き疲れのコーヒーブレイクは一乗寺のカフェ猫町で。
その後、昭和の匂いも漂う一乗寺駅周辺を歩き、おしゃれな恵文社で本探し。
叡山電車と京阪で四条に戻った後、祇園白川の夜桜と祇園の路地のスナップも楽しみました。

imadegawadori_02

keibunsha

takanogawa

gion-shirakawa

1日ですべて撮り歩くには無理があるほど味わいあるエリアなので、これからも継続して開催する予定です。
開催は、当サイト、Facebookページ、Twitterでお知らせいたします。
みなさまのご参加をお待ちしています。

今回の教室での写真は、一部重複しますが岡本康司のFacebookにもアップしています。
併せてご高覧いただければ幸いです。


街撮り教室 2018年4月のご案内

 

nadahama

街に流れる時間を切り撮っていくスナップ撮影技法を学ぶ、街撮り教室を開催します。
すれ違う瞬間のデジャヴ感、記憶を揺さぶる光景を切り撮るスナップを体験しませんか?
カメラは何でもOK! 写真初心者の方には、操作の方法からお教えいたします。
4月は下記のコースと日程です。
各日程とも、2名様以上のご参加で開催決定となります。
みなさまのご参加申込をお待ちいたしております。

from maya-ohashi

from mayaohashi

街撮り教室@灘 ■■■■■

神戸市灘区を巡り、街に流れる時間を切り撮っていくスナップ撮影技法を学ぶ、街撮り教室を開催します。
昭和の残り香漂うラビリンス・水道筋を中心に、王子公園界隈、JR灘駅・阪神西灘界隈、阪急六甲界隈、JR六甲道界隈、摩耶埠頭などを歩き撮ります。
コースによっては中央区に少し越境することがあります。

4月22日(日)10:30 – 15:30
– 西灘、摩耶埠頭、摩耶大橋から水道筋 –

阪急王子公園駅西口集合
駅南側に出て、摩耶埠頭を目指します。
途中、阪神西灘駅の南側にかつてあった西灘ボウルやスノーヴァの話なども。
旅客船や観光船の姿はなく、コンテナやパレット、倉庫が目立つ硬派な摩耶埠頭。
停泊中の船には、アルファベットやハングルの船名が見え、潮風に異国の匂いが混じっています。
係留された船越しに見える摩耶山も被写体に。
帰りは水道筋へ。

4月28日(土)10:30 – 15:30
– 王子公園、岩屋、HAT、西灘から水道筋 –

阪急王子公園駅西口集合
王子公園界隈から浜の方へ下るミュージアムロード沿いを巡りながら、HAT神戸へ。
昭和の面影も新しい街並も見ることができる南北の通りです。
HATからは岩屋の町を通って、7つの商店街と3つの市場が集まる水道筋へ。
水道筋では、撮り歩きしながら美味しい市場の味も楽しめます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

shinko boeki kaikan

街撮り教室@KOBE ■■■■■

灘区以外の神戸の町をスタート点とする街撮り教室です。
神戸港、北野町界隈、旧居留地、元町高架下、兵庫港、兵庫運河などいろいろなコースを用意しています。
今月は、新港地区、旧居留地、海岸通を巡るコースです。

 4月29日(日)  10:30 – 15:30
– 三宮・新港地区・旧居留地・海岸通から元町高架下 –

阪急三宮駅東改札口前集合
三宮から税関前に向かい、かつてあった臨港線の名残を辿りつつ、新港地区から京橋、旧居留地、海岸通。
乙仲通りでミナト神戸の残り香と異国の匂いに出会えるか。
元町通りを少し歩き、時の流れがカオスな元町高架下へ。
最後は、三宮に戻ります。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「街撮り@灘」「街撮り@KOBE」

各コース、日程共に料金は、¥2,500
最少催行人数 2名様
申込締切りは、各開催日の前日20:00
歩くルートは変更になる場合があります。

カメラは何でもOK!
写真の初心者の方もぜひ。
初心者の方には、カメラの操作方法からお教えいたします。
ただし、現在のカメラはメーカー、機種毎に操作体系が多様です。
取扱説明書を忘れずにお持ちください。

参加お申込み、お問合せは Contactページからメールでお申し込みください。または、直接info@yasuwan.com宛でもけっこうです。
または電話で、090-2011-0411へ。
(1) 件名「街撮り@灘」または「街撮り@KOBE」
(2) 参加される日付
(3) ご氏名
(4) 連絡先(携帯または固定)

<注意>
.comドメインからのメールが受信拒否の設定になっている場合、当方からの返信メールが届きませんので、受信許可に設定しておいてください。


街撮り教室@灘 開催しました 2017.08.13

– 王子公園界隈、臨港線跡、水道筋 –

8月11日の山の日からの3連休、お盆休みと重なった人も多いと思います。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
連休最終日の13日(日)、街撮り教室@灘を開催しました。

oji01

時々雲が空を覆うことがあったもののまずまずの好天でした。
今回は、王子公園の界隈からスタート。
阪急の高架下沿いを歩き、ゲストハウス萬家にも少しお邪魔し、ミュージアムロードから神戸文学館へ。
「冬が来る前に」坂の途中から振り返って港を撮り、坂を下り灘駅を通り抜けて臨港線跡。
すっかり殺風景になったタカバシで、臨港線在りし頃の写真を出してきて現況と比較。
摩耶山にはマヤ遺跡がありますが、麓の市街地では遺跡化する間もなく姿形が大きく変化してしまうこともままあり、痕跡のカケラすら残っていないことさえあります。
小さな過去の痕跡から町の記憶を辿っていくことはノスタルジックと見られがちです。
しかし、今そうやって小さな痕跡を写真に撮ることは、「過去の具体的な記憶を残して欲しい」という遠い未来からの要望に応える仕事ではないかと思うのです。
昼食後は、水道筋へ向かい遅い昼食。
今回は、参加者の方のお知り合いの「農カフェ」さんへ。
淡路の由良の鯵がメインディッシュ、おかずの品数が多いランチで腹一杯に。
その後、水道筋の市場と商店街を巡りました。

oji03

oji02

今回は絞り優先、シャッター優先、プログラムオートをどう使い分けるかが、わりと大きな話題になりました。
広角で絞り込んでパンフォーカスな風景を撮ったり、望遠で絞りを開けて背景をぼかしたりする場合は絞り優先、水や風の流れや動きを表現する場合や流し撮りの場合はシャッター優先で、など。
街撮りでスナップ主体の場合は、シャッターチャンスを逃さないためにプログラムオートは大きな武器になります。
結局、被写体の違いやどんな風に撮りたいかによって動作モードを使い分けるのですが、それに慣れるには、ベタですが数多く撮って各モードの使い方を体に覚えさせることが近道です。
というわけで、最後は水出しコーヒーのCafeあんごで打ち上げ、今回の教室は無事終了しました。

ご参加くださったお二人に感謝申し上げます。

さて、8月の街撮り教室は、さらに8月20日(日)、24日(木)、27日(日)の3回開催予定です。
まだまだ参加お申込み受付中です。
みなさまのご参加をお待ち申し上げます!

oji04

oji05

ji06

ojj07

suidosuji01

suidosuji02

suidosuji03



海の日イベント「海、山へ行く」ポスター撮影

来たる8月11日(金・祝)の山の日、摩耶山・穂高湖で1日だけのビーチイベント「海、山へ行く」が開催されます(主催:「海、山へ行く」実行委員会、摩耶山観光文化協会)。

ヤスワンフォトスは、このイベントのポスター、フライヤーに使用する写真の撮影を担当いたしました。
撮影は、6月のよく晴れた日の午前中、穂高湖で行ないました。
朝から強い陽射しで、すでに真夏感たっぷりでした。

umi, yama e iku

さて、「海、山へ行く」では、水上散歩、水上ヨガなどのアクティビティ、水上テラスやフードブース、水辺を楽しむアイテムもいろいろ。
8月11日の山の日は、ぜひ摩耶山へ。
「海、山へ行く」の詳しい案内は、マヤログで。


山撮り写真教室 幻の第36回 2017.2.11

冬の色Ⅱ - 上野道 –

2月11日土曜日。
先月の山撮り写真教室の日と同様に、前日降雪があった摩耶山上。
当日朝、気温はやや低いながらも空は晴れて絶好の山日和かつ写真日和!!
ということで、颯爽と摩耶ケーブル虹の駅に降り立ったのですが、諸々の事情により山撮り写真教室第36回は、残念ながら中止となりました。

次回は3月25日土曜日、4年目に突入。
ということで、山撮り写真教室では初めて麓から青谷道を登ります。
「春景色 - 港が見える坂から青谷道 -」

アプローチは、ふだん街撮り教室@灘で歩く「港が見える坂道」から。
街撮りしながら山に入っていきます。
「春景色」と「港が見える坂道」にピンときた方、ぜひご参加を!
「春景色」と「港が見える坂道」にピンとこなかった方も、もちろんぜひご参加を!!
お待ちいたしております。

というわけで、2月11日はひとりで星の駅まで登ったのですが、その時撮影した風景をどうぞご覧ください。

from Nijinoeki

虹の駅から

from Njinoeki2

虹の駅横の展望台から 灘区の街並、摩耶埠頭、六アイ、ポーアイ、神戸空港

Uenomichi1

上野道 森の雪

Uenomichi2

上野道 旧天上寺の石柱(マヤ遺跡)

Uenomichi3

どんぐり

niomon

旧天上寺 仁王門

ishidan

旧天上寺 石段

 

ishidan2

旧天上寺 石段

a tree

石段の途中にある木

former tenjoji temple

旧天上寺

低温でカメラのバッテリー出力が急に低下したため、ここから先ゴールの掬星台まではiPhoneで撮影。
iPhoneで撮った写真は、Twitterのアカウント yasuwan Photographer @171BLUESBANDで
twitterに投稿しました。
ぜひそちらもあわせてご覧ください。
岡本康司のFacebookにも反映されています。
どうぞよろしくお願いいたします。


街撮り教室@灘 のご案内 1月

神戸市灘区を巡り、街に流れる時間を切り撮っていくスナップ撮影技法を学ぶ、街撮り教室を開催します。
街に流れる時間、すれ違う瞬間のデジャヴ感、記憶を揺さぶる光景を切り撮るスナップを体験しませんか?
昭和の残り香漂うラビリンス・水道筋を中心に、王子公園界隈、臨港線遺構、JR灘駅・阪神西灘駅界隈、摩耶埠頭を歩き撮る予定です。
各日程とも、2名様以上のご参加で開催決定となります。
みなさまのご参加申込をお待ちいたしております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

1月15日(日)11:00 – 15:30
– 水道筋と王子公園界隈 –
王子公園駅西改札口前集合
昭和のヒット曲の舞台となった王子公園界隈の坂道などを巡った後、水道筋へ向かい各商店街・市場と界隈を巡ります。
撮り歩きながら市場の味も楽しめます。

1月22日(日)11:00 – 15:30
– 王子公園、灘駅界隈と臨港線跡、水道筋 –
王子公園駅西改札口前集合
昭和のヒット曲の舞台となった王子公園界隈の坂道から灘駅、臨港線跡、岩屋市場跡、赤トンネルなどを巡った後、水道筋へ向かいます。
終了後、ご希望があれば摩耶山掬星台の夜景にご案内可。

1月28日(土)11:00 – 15:30
– 詳細コース未定 –
しばらくお待ちください
お楽しみに!

1月29日(日)11:00 – 15:30
– 詳細コース未定 –
しばらくお待ちください
お楽しみに!

各日程共に料金は、¥2,500
最少催行人数 2名
申込締切りは、各開催日の前日20:00
歩くルートは変更になる場合があります。

カメラは何でもOK!
写真の初心者の方もぜひ。
初心者の方には、カメラの操作方法からお教えいたします。
ただし、現在のカメラはメーカー、機種毎に操作体系が多様です。
取扱説明書を忘れずにお持ちください。

参加お申込み、お問合せは Contactページからメールでお申し込みください。または、直接info@yasuwan.com宛でもけっこうです。
または電話で、090-2011-0411へ。
(1) 件名を「街撮り@灘」
(2) 参加する日付
(3) ご氏名
(4) 連絡先(携帯/固定)

<注意>
.comドメインからのメールが受信拒否の設定になっている場合、当方からの返信メールが届きませんので、受信許可に設定しておいてください。


街撮り教室@灘 開催しました 2016.12.23

摩耶埠頭と摩耶大橋、水道筋

開催前日は、雨。
そしてこの日、天皇誕生日。
朝は晴れていました。
が、風がけっこう冷たくて、曇ったり雨が降ったり晴れたりと空模様がくるくるとよく変わった1日でした。
JR摩耶駅の改札口前に集合してスタート。
南側の灘南通に出て、さっそく名前以外はいたって普通の小さな川「盗人川」を眺めて摩耶埠頭へ。
阪神西灘駅辺りで早速小雨に降られるも、国道43号、摩耶ランプを越えて摩耶埠頭の付け根付近では青空に。
と思えば、また降り出したりで天気に翻弄されました。
光と影のコントラストが強くなったり弱くフラットな光景になったりで変化が大きく、撮影は楽しめました。
太陽の光の強さも方向も自分でコントロールできませんが、突然神懸かったライティングを見せてくれることがあります。

灘浜の岸壁で撮った後、摩耶埠頭に足を踏み入れ、港湾物流会社の倉庫が並ぶ道沿いに歩いてこの日のメイン・摩耶大橋へ向かいました。
車両は料金所のゲートをくぐって橋を渡るのですが、歩行者は摩耶埠頭の端っこにある上り口まで歩き、階段を上がって橋上の歩道へと出ます。



海側から港、市街そして摩耶・六甲の山々の景色を望めるベストポジションです。
祝日のためトレーラーなどの大型車両が少なく、橋上の迫力の点では少し残念でしたが、HAT神戸上空に虹も出てなかなかいい光景を見ることができました。

摩耶大橋の上で撮影しているうちにまた天気は変わり、いつの間にか摩耶山の掬星台付近は雪雲で覆われているのが見えました。
それを潮時に橋を下り引き返していく途中、やや本降りの雨になりコンビニで休憩。
阪神西灘駅から灘南の赤トンネルを抜け、稗田の水神社に寄ってから水道筋へ。
水道筋えびすにお参り後、Logicの灘今昔カレーで遅め(午後3時過ぎ)の昼食。
その後、市場を巡っていただき、スナップしたりコロッケを買って食べたりしてこの日の予定を終了。
再び摩耶駅に戻って解散となりました。
身を置いた場所で、五感を通じ意識や記憶が感応するものに向かってシャッターを切っていくことが街撮り。
今回はその一端を体験していただきました。


年末の駆け込み撮影も、ぜひご用命ください! 2016.12.21

ヤスワンフォトスでは、商品撮影・取材撮影・ポートレート撮影など、さまざまな写真撮影を承ります。

年末の駆け込み撮影も、お正月や成人式の記念撮影も、バレンタインデー用商材撮影も、ぜひぜひご用命ください!
料金・御見積などのお問い合わせもお待ちいたしております。
お問い合わせは、どうぞお気軽に。
TEL 090-2022-0411、メールの場合はCONTACTページから
よろしくお願いいたします!!

yasuwanphotos%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%bcs


街撮り教室@灘 および 山撮り写真教室第34回のご報告 2016.12.18

12月17日の「山撮り写真教室 第34回 Happy Christmas」は、事情により中止となりました。
摩耶山頂CAFE702をお借りしての写真教室、次回は来年6月に開催できれば、と思っています。
みなさまのご参加をお待ち申し上げております。
今回撮影する予定だった702特製クリスマス・マヤスイーツは、 ”ドライフルーツとナッツたっぷりのヘーゼルナッツ&フィグケーキ”。
写真載せておきます ↓

p1030819

翌12月18日の日曜日、「街撮り教室@灘
好天に恵まれ寒さも和らぎ、スナップ日和となり無事開催。
阪急神戸線王子公園駅を出発し、王子動物園の前を通って灘区・中央区の区境「冬が来る前に坂」へ。
王子動物園に入っていく人もけっこう多く賑わっていました。
「冬が来る前に坂」とは、紙ふうせんのヒット曲「冬が来る前に」(昭和52年)の歌詞にでてくる坂なのです(詳しくは、ナダタマ参照)。
紙ふうせんのおふたりが王子公園を歩きながら、動物園でのプロポーズや「冬が来る前に」にまつわる話をするテレビ番組を僕も見たことがあります。
神戸文学館の角を曲がると「冬が来る前に坂」の上り道。
煉瓦造りの神戸文学館は旧王子図書館でもあり、元々は関西学院のチャペル。
今は西宮にある関学は、発祥の地は110年あまり前のここ、原田の森(王子公園一帯)だったのです。
坂を少し上って振り返れば摩耶大橋と港が見え、「冬が来る前に」が脳内でリフレインしてきます。

p1030912

南野陽子のファーストアルバム「ジェラート」に収められた「春景色」の歌詞にもこの坂からの風景とおぼしき表現があります。
脳内で聴こえてくるのはこちらの曲という人もいると思います。
坂の西側は中央区(旧葺合区)です。

p1030924

今回は、「冬が来る前に坂」を上りきり、さらに海星、松蔭と女子校が並ぶ道を青谷バス停まで上りました。

p1030935

そこから少し灘区から逸脱して中央区へ。
籠池通の海が見える坂道の商店街を撮りながら下りました。

p1030959

そして「冬が来る前に坂」を下って王子公園駅から水道筋へ。
昼食後は、水道筋の各商店街と市場や阪急の北側の摩耶商店街を撮り歩きとちょこっと食べ歩き。
市場の中は撮影に十分な光量がないため、手ぶれに気をつけながら。

p1040052

p1040105

p1040150

p1040122

今回は、水道筋を全て廻りきれませんでしたが、おいおいじっくりと昭和の香りが誘う魅惑の街をモノにできるよう街撮り教室@灘の内容を充実させていくつもりです。
次回以降のご参加、お待ち申し上げております。