Report」カテゴリーアーカイブ

山撮り写真教室11月 開催しました 2019.11.16

燃える秋 - 穂高湖と紅葉の森 –

maple 1

久しぶりの満員御礼!!
リュックサックマーケット、アコースティックピクニック、そしてカレーピクニック同時開催で賑わう掬星台から、穂高湖へ向かう山撮り写真教室。
青空が広がる紅葉撮影日和でした。
この週は朝晩と日中の寒暖差が大きくなって紅葉が進み、例年に比べると少し遅れているものの、前週に比べて摩耶山上でも紅葉している木が増えていました。
同じ場所、同じ木でも緑の葉と黄色い葉、赤い葉が混在したりしていて、紅葉の進み方はまばらでしたが、これはこれで葉のグラデーションがとてもキレイでした。
森全体、山全体の紅葉にはまだ至っていなかったので、今回は大きな風景よりも主に部分的に美しいところにフォーカスする撮り方で進めていきました。
穂高湖、周遊路、シェール道で、安定した日射しが透過光となって紅葉を演出してくれて印象的な写真が撮れたと思います。
シェール道の黄葉がまだ進んでいなかったことが少し残念でしたが。
今週末くらいから摩耶イエローが見頃になってくるので(たぶん)、これから撮影が楽しめますよ。
今月は10名のみなさまに参加していただき、まことにありがとうございました。
今回は、露出(明暗)について主に話しましたが、次回はピントの合わせ方についても撮りながら慣れていっていただけたらと考えています。
またご参加いただければうれしいです。

来月は、フィーチャリング風&クリスマス
「冬の散歩道 – 風も撮ってみよ -」
12月14日(土)10:30 摩耶ロープウェー星の駅集合です。
みなさまのご参加をお待ちいたしております!

workshop yamadori
lake hodaka 1
lake hodaka 2
leaves
maple 4
シェール道
maple 2
maple 3

山撮り写真教室9月 開催しました 2019.9.21

秋景色 - 過ぎゆく季節 –

回復傾向の天気予報を信じて開催。
すっきりとした青空は望めないまでも雲が切れ始めた午後、掬星台をスタート。
掬星台から天上寺付近までと摩耶自然観察園を中心に、山上のそう広くない範囲の秋の風景を撮り歩きました。
出来るだけ簡単に(簡単な操作で)写真を撮って楽しめるようにようになることが、山撮り写真教室の目標の一つです。
今回は、小さな被写体に近づいて撮るコツをメインに話をさせていただきました。
また、来月のマヤカツできのこをフィーチャーすることになっているので、今月はその前哨戦の意気込みできのこ探し&撮影にも少しトライしました。
山の中できのこを見つけるのは簡単なようでなかなか難しいことを実感しましたが、これでまた山撮り写真教室の新たなターゲットができました。
最後の夕空撮影では、夕日、夕焼けに恵まれずちょっと残念でしたけど。
今月もご参加くださった方々に感謝申し上げます。

来月は、フィーチャリングきのこ&アサギマダラ&松田聖子
「風は秋色 – 蝶とキノコを追って -」
10月19日(土)10:30 摩耶ロープウェー星の駅集合です。
みなさまのご参加をお待ちいたしております!

mushroom
mizuhiki
fujubakama
from tenjoji
wild chrysanthemum
fern
moss
mushroom
evening sky from mt.maya

山撮り写真教室8月 開催しました 2019.8.17

納涼トワイライト - 夕空を撮ろうⅡ –

先月に引き続き、納涼トワイライト。
台風が去って天気は回復したけれど、湿度が高くて蒸し暑い日が続いていました。
そんな麓から午後の摩耶山上に登れば・・湿度は高めながらも日陰はやっぱり涼しく過ごしやすい。
この日の掬星台から淡路島や泉州は霞んで見えなかったけれど、空は雲ひとつなく晴天でした。
掬星台から離れ、播磨灘が望める北側の尾根まで歩き、夕焼けが始まるまでは西日を避け木陰で待機。
持ち寄った食べ物を食べ、のんびり飲み物を飲みながら、空の変化を待ちました。
水平線に向かって低い位置まで落ちてきた太陽は、輪郭がわかるくらいになり、撮影開始。
水平線付近は水蒸気のため霞んで見えず、見かけ上日の入り時刻は少し早まりました。
水平線付近に光がオレンジ色に広がり、空の上の方へはグラデーションで広がっていきました。
空に白い雲がなかったので鮮やかな夕照は見られませんでしたが、きれいでした。
静かな日の入でした。

来月は、「秋景色」
午後少し遅めの山上散策と夕日の撮影です。
日の入の方向が今月よりもさらに南寄りとなり、播磨灘に延びる光の帯に期待しています。
ご参加お待ちしています。

Mt.Maya_sunset_01
夕日 水平線や島影は霞んで見えにくかった
Mt.Maya_sunset_02
夕日
Mt.Maya_sunset_03
日の入 
Mt.Maya_sunset_04
日の入後の残照
Mt.Maya_sunset_05
明石海峡大橋
Mt.Maya_sunset_06
教室風景


街撮り教室@京都6月 開催しました 2019.6.17

高瀬川と鴨川 – 四条から七条 –

五条楽園

梅雨入りが遅れ、この日も好天でした。
平日開催でしたが、国際観光都市京都は平日も休日も関係なく観光客で溢れていました。
我々もその一部だったわけですが、圧倒的に外国の方が多い感じでした。
今回は、地下の阪急の四条河原町駅から木屋町通りに出てそのまま高瀬川に沿って七条まで歩き、折り返してまた高瀬川や鴨川沿いに絡みながら四条に戻るというルートでした。

西木屋町通
西木屋町通

五条楽園と呼ばれる旧色街に残るお茶屋建築と街並みを撮るというメインテーマがあったのですが、建物は残っていても現在は人が住んでおられる様子がうかがわれるかつてのお茶屋もありました。
なので、そこでは屋号の看板、ステンドグラスをあしらった窓、タイルの壁、唐破風の屋根などを部分的に撮影し、色街の記憶に触れてきました。
14、5年前に訪れた時は、営業していたお茶屋もあったと思います。
現在は、建物も減ったみたいです。
また、お茶屋の外観を残して旅館、ゲストハウス、カフェなどに利用していたりして、以前とはだいぶ変化している印象を受けました。
松原通から鴨川を渡って建仁寺や祇園を歩いたり、また河原町通に戻って寺町通界隈を撮りながら三条まで行ったり、今回もけっこう歩きました。
そしてけっこう撮りました。
もちろん途中、休憩も入れながらですが。
今回も、メインに撮影した街は超有名な観光地や繁華街ではなかったのですが(祇園や寺町通などは派生ルートですw)、これからも街撮り教室では、有名観光ルートの外側の街を撮り歩く予定です。

五条楽園
五条楽園
五条楽園
五条楽園
五条楽園
五条楽園
五条楽園
五条楽園
五条楽園
五条楽園
五条楽園
鴨川
鴨川
裏寺町通
先斗町

街撮り教室@東灘 開催しました 2019.6.16

– 住吉・御影・旧西国街道 –

Hanshin Sumiyoshi Stn.

6月半ばというのに梅雨入り宣言未だ無く、この日も好天でした。
阪神御影駅の真下にある神功皇后由来の沢の井からスタートしました。
沢の井の周囲の昭和なレトロ感溢れる風景が我々を惹き寄せます。

hansin mirage
coffee shop
old building

南の御影浜まで下った後、旧西国街道の浜街道に並行する御影郷の剣菱、菊正宗、白鶴が集まる酒蔵地域(昔の酒蔵の外観を見ることができるのは資料館のみですが)を歩きました。

Mikage hama

本嘉納の菊正宗の社屋は、旧居留地あたりにも似合いそうなレトロビルです。
嘉納治五郎翁生誕の地の記念碑もあります。
酒蔵のイメージとは違いますが、歴史を感じさせる風景に向かってシャッターを切り続けました。
菊正宗の東には、白嘉納の白鶴の工場が続きます。
白鶴酒造資料館(昔の酒蔵)で酒造の歴史に触れ、純米吟醸酒などを試飲させてもらいました。

Sakagura no michi
Kikumasamune
a monument to Kano Jigorou
Hakutsuru Shuzo Shiryokan

その後、本住吉神社の御旅所からと菊正宗酒造記念館も巡って阪神住吉駅方面へ向かい、昭和の残り香漂う阪神電車の高架沿いをスナップしながら再び阪神御影へ戻りました。
最後に、高架下の御影市場や高架沿いの通りを大手筋までスナップして歩きました。
今回は、酒蔵地域以外ほとんどが普通の町の日常風景ですが、阪神・淡路大震災を経ても変わらず残った懐かしさ漂う場所もところどころありました。
繁華街を撮るときのような興奮とリズムはなかったのですが、普通の街並みの日常風景を撮り歩いてみることもなかなか楽しいことだと思います。
今後また同コースでの開催を企画しますので、ご興味ある方はぜひご参加いただければ嬉しいです。

Sumiyoshi shrine, 0tabisho
Goden kaikan
The mouth of the Sumiyoshi River
Around Hanshin Sumiyoshi Stn.
Under the overpass of Hanshin Railway
Window

Under the overpass of Hanshin Railway

山撮り写真教室6月 開催しました 2019.6.9

紫陽花を撮ろう

好天に恵まれ、朝10時30分に掬星台を出発し、まずは掬星台周辺のコアジサイの群落から。
摩耶自然観察園あじさい池のモリアオガエル、縦走路のコアジサイやヤブウツギ、天上寺のヤマボウシと、旬の花、カエルを撮って回りました。
梅雨の季節の摩耶山をパステル色に演出するヒメアジサイ、それからヤマアジサイ、シチダンカはう少し後になります。
コアジサイの花は淡い色合いで、鮮やかな飾り花を持たない代わりに甘い香りを放ち昆虫を誘うのです。
清楚な佇まいながら香りで心惑わせるところ、ちょっと妖艶な感じがします。
其処此処に咲いていたのですが、群落を見つけるたびにアングル、フレーミング、光の方向を考えながら撮っていました。
最短撮影距離が長い標準ズームレンズでは被写体へそれほど寄れないので、みなさんマクロレンズの必要性を痛感しているようでした。
天上寺のヤマボウシも今年は多くの花を咲かせ、雪が積もったみたいに白くなっていました。
あじさい池のモリアオガエルの卵も、まだこれからどんどん孵化が続くのでしょう。
夏に向けて衣替えをするように装いを変えていく摩耶山上散歩でした。

コアジサイ
コアジサイ
コアジサイ2
コアジサイ
コアジサイ3
コアジサイ
モリアオガエル1
モリアオガエル 摩耶自然観察園あじさい池
モリアオガエル2
シュレーゲルアオガエルかもしれん
モリアオガエル 摩耶自然観察園あじさい池
コアジサイ4
コアジサイ
コアジサイ5
コアジサイ
天上寺のヤマボウシ1
ヤマボウシ 天上寺
天上寺のヤマボウシ2
ヤマボウシ 天上寺
天上寺のヤマボウシ3
ヤマボウシ 天上寺
コアジサイ6
コアジサイ
コアジサイ7
コアジサイ
モリアオガエル3
モリアオガエル 摩耶自然観察園 湿性植物の保護エリア
コアジサイ8
コアジサイ
コアジサイ9
コアジサイ 逆光

街撮り教室@左京区 開催しました 2019.5.5

– 出町柳から東今出川通・吉田山周辺・北白川を訪ねて –

shinnyodo_01
真如堂の門前

すっかり初夏の陽気の5月5日、祇園四条から京阪電車で出町柳へ。
叡山電車の出町柳駅前は、ここを起点に出かける人で賑わっていました。
百万遍の交差点まで来ると、10連休中のためか少し人通りが少ないような気がしました。
京大キャンパスに挟まれた今出川通も、銀閣寺道までは人通りも多くなくのんびりと散策できました。
途中疎水分流が並走するあたりは、新緑眩しく初夏の風が薫る住宅街の静かな散歩道です。
疎水を渡るそよ風に入り口の白いカーテンがふわりはためくカフェshizukuで早めの昼食を摂り、銀閣寺道から南へ折れて吉田山に登りました。
白川通を隔てた哲学の道と銀閣寺方面は多くの人で賑わい混雑していましたが、吉田山の東麓は、静かな午後です。
吉田山の山腹には、石畳の道に沿って落ち着いた佇まいの家屋が並んでいます。
そして、坂道の途中からは五山の送り火で有名な大文字が望めました。
5分ほど登れば山上です。
山上のカフェ茂庵でお茶を飲みたかったのですが、入店待ちの人が多く入るのを断念しました。
そして森の中のなだらかな坂道を下って麓へ戻り、真如堂へ。
秋の紅葉がとても美しい場所ですが、新緑のイロハカエデも透明水彩絵の具で描いたみたいに瑞々しく輝いていました。
真如堂の次は、少し東に出て白川沿いに南へ向かい住宅街を通り抜けて岡崎へ。
平安神宮の界隈まで来ると人通りが増えてきました。
静かな街撮りはこの辺りまでで、東山三条からは三条通を西へ歩いて繁華街での街撮りにスイッチ。
夕暮れまで寺町通、裏寺町、錦小路、河原町通を撮り歩き、総歩行距離は15kmを軽く超えました
次回は梅雨時の6月に西陣、さらに7月の祇園祭宵々山を予定しています。

demachiyanagi station
叡山電車 出町柳駅
シュロの木
シュロの木 出町柳ー百万遍間
百万遍
百万遍
imadegawa street
今出川通
imadegawa street
今出川通
疎水分流
疎水分流 北白川
lunch at shizuku
昼ごはん Shizuku
コデマリ
コデマリ 北白川 疎水分流
吉田山 東麓
吉田山 東麓
吉田山から
吉田山の坂から大文字
吉田山 茂庵
吉田山 茂庵
新緑 真如堂
新緑 真如堂
店 真如堂前
真如堂門前の店
白川沿い
白川沿い
okazaki
住宅街の一画 岡崎
岡崎
二条通り 岡崎
南禅寺総門あたり
南禅寺総門あたり
三条
三条大橋の少し東
河原町通り
河原町通

山撮り写真教室 3月 開催しました 2019.3.23 / 3.25

3月23日(土) 春景色 - 山開きの摩耶山へ –

3月の山撮り写真教室では、摩耶ロープウェー星の駅の隣、掬星台で催された摩耶山の春を告げる摩耶詣祭を撮りました。
この時期にしては少し寒く空は曇りがちでしたが、お馬のパレードが到着し、摩耶詣祭が始まると華やかな空気に一変しました。
多くの人で混雑する場所で撮影に集中することはなかなか大変だったと思いますが、参加者のみなさんはそれぞれの撮影ポジションを確保しながらじっくり撮っておられました。
ご参加のみなさま、お疲れ様でした。
ありがとうございました。

Maya_kobai


3月25日(土) 夜景とロープウェーを撮ろう 
Instagram「まやビューライン・六甲有馬ロープウェー」フォトコンテスト2018-19
コラボ企画

神戸すまいまちづくり公社様主催の同コンテストとのタイアップで、摩耶ロープウェーと夜景をテーマにした撮影教室を開催しました。
まやビューライン営業運転終了後、撮影用のために摩耶ケーブルと摩耶ロープウェーを運行していただきました。

超微速運転の摩耶ロープウェーひこぼし号から観る神戸の夜景に大興奮!!
三脚を立てて可能な限り高感度にして撮影。
暮れなずむ灘の街とマヤカンを背景におりひめ号を撮ったり、無数の灯が瞬き始めた神戸の市街地やベイエリアを撮影したり、宝石箱のような煌めきの夜景に浮かび上がるおりひめ号を撮ったりと夢のような空中旅行を体験しました。
通常運転のスピードならば絶対不可能な撮影、かつ絶対できない体験でした。
また、摩耶ケーブル虹の駅では、夜景を背景にするためにゆめあじさい号をホームから少し麓側に移動して停めていただき、撮影しました。
神戸すまいまちづくり公社・まやビューラインスタッフのみなさま、素敵な体験をさせていただきありがとうございました!
ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

フォトコンテスト参加方法は、インスタグラムのまやビューライン、六甲有馬ロープウェーの公式アカウント@mayarokko_ropewayをフォローの上、ハッシュタグ #mayarokko_photo2018_19をつけて写真・動画をインスタグラムに投稿してください。
コンテストの詳細はこちら

mayakan
night_view_1
night_view_2
night_view_3
night_view_from_kikuseidai
maya_cablecar
thank_you

山撮り写真教室 第57回 開催しました 2018. 11.17

燃える秋 - 穂高湖と紅葉の森 –

Cher_01

穂高湖は、摩耶山頂の摩耶ロープウェー星の駅から歩いて30分ほどにある景観が美しいダム湖です。 風がない時は、岸辺の森や背後のシェール槍の姿を水面に美しく映して見せてくれます。
11月は、恒例のカメラで穂高湖とシェール道の紅葉狩り。
今年は、台風被害ですでに落葉している樹が多いことと紅葉が遅れ気味のため、紅葉のピークを捉えることはできませんでした。
また、穂高湖では空模様が急変し、雲で陽射しが翳ってしまうアンラッキーもありましたが、シェール道の紅葉・黄葉に包まれて摩耶イエローの秋を楽しむことができました。

hodakako_01

hodakako_02

Cher_02

Cher_03

Cher_04

Cher_05

Cher_06

Cher_07

Cher_08

Cher_09

Cher_10

Cher_11

Cher_12

ヤスワンフォトスのFacebookページのアルバム「山撮り写真教室 第57回 2018.11.17」もあわせてご覧いただければ幸いです。


山撮り写真教室 第56回 開催しました 2018. 10.27

– 青谷から港が見える坂へ

aotani-michi_01

前日まで天候が危ぶまれていましたが、みごとな秋晴れ。
摩耶山頂から青谷道を下って青谷の町へ。
王子公園西側の坂道からチラッと覗く港を眺めながら、水道筋方面まで歩きました。
摩耶山では今夏の台風で多くの大樹が倒れ、青谷道でも倒木を切り出すチェーンソーの音が響いていました。
また、塩分を含んだ台風の風で葉が飛ばされ、残った葉も紅葉しないうちに枯れ落ちた樹も多く見られました。
それでもまた来年の春には、瑞々しい新緑を湛えた森を見せてくれると思います。

mayasancho

okunoin-michi

sakura kyu-tenjoji

aotani-michi_02

aotani-michi_03

aotani-michi_04

aotani-michi_05

aotani-michi_07

aotani-michi_08

aotani-michi_09

aotani-michi_10

saka

ヤスワンフォトスのFacebookページのアルバム「山撮り写真教室 第56回 2018.10.27」もあわせてご覧いただければ幸いです。